DO-Sなキラーパス

  19, 2012 13:01
随分涼しくなりました。
秋もちかいんなぁ
ポチを今日もお願いね。


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


さぁ、今回も矯正ネタですね。
ほんま多いです。
矯正のお客様が無い日が、無いというくらい多いです。

最近は遠くからの来店が増えまして、一段と大変です。

そんな、遠くからわざわざ来るということは、当然、普通じゃないケースが多いわけです。(汗)



今回も、そんなお客様。

一ヶ月くらい前かな、連絡いただきまして…

今回、一泊してまでのご来店です。

ほんま、遠いところすいませんって感じです。



まぁ、話は聞いてたんですが、髪のダメージも凄いけど、対応した美容師とサロンの対応が酷い。



一ヶ月前に矯正…

失敗…

手直し…

失敗…



まぁね。例外はありますが、コンディションがそれなりの時に失敗するんだから、手直しなどという高度な施術ができるとは、思わないほうが良い…



しかも、返金を要求したら、拒否…


結果の無い仕事にお金を頂くって

プロとか美容師とか名乗るの、すぐ止めてください。

頑張る美容師達に失礼ですから(怒)




で、恒例の施術前写真です。




DSCN0115.jpg
DSCN0117.jpg
DSCN0118.jpg
DSCN0119.jpg


全く伸びてないですね。(大汗)

しかも、完全に逝ってます(泣)

写真じゃ解かりにくいですが、全体的にビビってます。


バサバサのツンツンのガシガシ…


じつは、トップからフロントにかけての癖が驚異的なチリチリ癖(大滝汗)


コンデイションが良ければ、というか、ただ強いだけの癖なら良いが、全体的にクタッ…濡らすとトロトロ…



お住まいの近くにDO-Sシャントリ取扱店を見つけて、行かれて相談されたらしい。

そのときは、ストランドチェックして当店では無理です。

と、断られたそうです。

流石、DO-Sをしるだけあって、良識のある美容師さんだ。

どこぞの、クサレ美容師とは根本がちがう


ってか、これって正に…







DO-Sなキラーパスやん(泣)



最近、キラーパスを受け止めてしまう悪い癖が…



問題は、全体的にダメージムラが激しい事ですね。


DO-S H M Sを各所に的確に塗り分けて、

今回はスピエラを使ってのビビリ修理をしてみた。



その結果…







DSCN0125.jpg


まぁ何とかなったかな。




後はDO-Sでしっかりケアーお願いしますね。(まる投げ)





毎度だけど、伸ばせんでも良いけどさぁ…



びびりを作るなっていうの、バチンカンどもが~








この方も怒ってるぞ~









img_919668_30290702_0.jpg


スポンサーサイト

6 Comments

Thu
2012.09.20
09:00

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/20 (Thu) 09:00 | REPLY |   
Thu
2012.09.20
10:53

ジオな美容師  

Re: お願いします(。-_-。)

おはようござます。お初ですね。これからも、よろしくです。質問大歓迎ですよ。解かる範囲で回答しますから。僕だけじゃくBOSSや所長、DO-Sさんや仙人やサクラヘアーさんや…みんな時間があれば答えますよ。
ただ、最近売れっ子さん達は凄い時間が無いみたいなんと質問も多いから返事は難しいのでしょうね。
よって、私のようなB級美容師に各所から質問届きます(爆)
さて、本題ですね。まずはDO-Sの限定記事は必読ですね。パスわかりますか?
レシピを知っているとして、話を進めますね。
今回の患者さんは、状態が酷すぎた。ブログに書きましたが例えるならワンパネルの中にDO-S H S 等と言う塗り分けを迫られる感じです。この手の失敗の大半の原因は還元不足が多いわけです。特に細い髪で微シス毛の癖毛は怖いですが、しっかり攻めていく事が大切です。

工程を羅列しますね。
実はまず根元のカラーをします。それによって、新生部と残りの境のダメージ度合いを詰める間隔です。
DO-S Hを新生部だけにリタッチかけます。自然放置20分
ワンパネルづつペーパーをハリ塗布していきます。

一旦流して、再度新生部に今度はDO-S MとS 必要にあわせHを塗布。
ビビリの酷い箇所…主に中間から毛先はスピエラ2.6%を同時塗布 自然放置 20分
場合に寄ってGMT+L5+カチセロで憎粘したものを塗布します。

流し…バブリング~今回はカチセロ+A+Bでしっかり皮膜をつくる。

DO-S Hの部分は180℃アイロンでワンスルー 残りは少し湿っている状態からの140℃でノンテンションスルーでアイロンです。

この湿り具合が重要です。えっ?と思うでしょうが、この程度では、水蒸気爆発は起こしません。
って言うか存在も疑わしいが…

②剤は加水ドカ付けのブロムのダブル酸化です。


バブリングで流しアシッドで除去
アワルでチェンジリンスします。
ラックST塗布してDO-Sトリ5分

仕上げは、DO-Sトリを毛先塗布
DO-S A B 塗布

ドライという感じです。

これは、あくまでも、僕のこの時の対応ですから、正解ともいえません。
質問あればお気軽に~

2012/09/20 (Thu) 10:53 | REPLY |   
Thu
2012.09.20
18:23

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/20 (Thu) 18:23 | REPLY |   
Fri
2012.09.21
15:50

ジオな美容師  

Re: タイトルなし

パーマ関係は、還元 軟化 膨潤 のバランスですよね。大概の場合は還元が原因かと…
あと、だんだん踏み込んでくると 大人の事情の話が多くなるんで、メールのやりとりか、ブロトモのメッセ行けたらとおもいます。
パーマの方ですが、カラーされてますか?
チリチリのときの薬剤選定と放置時間 施術方法など教えてぐれると回答しやすいです。

2012/09/21 (Fri) 15:50 | REPLY |   
Sun
2012.09.23
11:38

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/23 (Sun) 11:38 | REPLY |   
Sun
2012.09.23
17:47

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/23 (Sun) 17:47 | REPLY |   

Post a comment

What's New